ページ

2012/06/26

「Qケーくん」のタメイキ

  
こちらの「Qケーくん」はDarkSide(ご主人的コダワリで、TwistPuzzle と認定されないもの)にカテゴライズされるパズルなのですが、丸いパズルに目が無い助手がおねだりしました♪

Qケーくん

届いてグルグクして見ると・・・なんだかこのパズル、覚えがあります。
コレクションの初期の頃、まだ助手がDarkSideのコダワリも理解していない頃に丸さに惹かれて購入した「Intellect Ball」の構造を洗練させたものでした!

Intellect Ball

それなら「Qケーくん」もこの配色のものとか、バリエーションがあるんじゃない? と思ってアチコチ探したのですが、購入した「皆さまお馴染みのアソコ」以外ではこのパズルは見当たりません。 独占販売? それともオリジナル商品?
そうこうしているうちにご主人ちゃまがなんとか見付けて来たのがこちらのページ。 どうみても「Qケーくん」、しかもカラーのバリエーションもあるみたい! すぐさま助手はこの会社に『このパズルはなんという名前ですか? どこで買えますか?』などと問い合わせをしましたヨw

数日後に返事が来て『販売会社様に一任しておりますので、そちらにお問い合わせ下さい。』と、やはり「皆さまお馴染みのアソコ」のURLが送られて来ました。 フリダシに戻っちゃったwww。
結論としては、「Qケーくん」にはバリエーションはなさそうです。

折角完璧な構造とクオリティになったのだから、もっとカラフルなのがあれば良いのに・・・ん、そういえば「Thomas Ball」ってのがあったような?? 新たなるミッションに向けて、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/22

「Teraminx (2 colors)」のタメイキ

  
ある日いつものようにネットの海を彷徨っていたら、こんなものを見付けました。 Teraminx の変わりダネは魅力的ではありますが、これが「廻しても回らない」ってコトくらい助手でもすぐに気付きます。

ご主人ちゃまが大好きな白黒パズルでも混ざらないんじゃぁ買っても意味ないネと、笑い話にする積りで「こんなの見付けたヨ」と報告すると・・・『買っといて。』とな?
「へ? これ混ざりませんけど?」と念を押して見ると『そんなもん見りゃわかる。 いーから買っといて。』ですって? 「あのー、$99.99もするんですけど~」と説得しても『じゃかぁしい、とっとと買え!』と聞く耳持たずです。
はいはい、私は貴方の助手ですからね、口を尖らせながらも仰せの通りにいたしますヨ

回しても混ざらない=遊べないンですが、白黒なので、まっいいか。 届いて見ると微妙に「灰黒」なのですが、「白黒」と言えないレベルではないので、まっいいか。

「Footballminx」での助手の職権乱用の仇を取られたような気がしないでもありませんが、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/18

「Hello Kitty Puzzle Ball」のタメイキ

  
「QQペンギン」でご主人ちゃまが解禁してもいぃかなと思ったのは『キャラのフィギュア形パズル』なのでしょうが、助手の拡大解釈では『キャラのプリントも勿論OK♪』となります。 キャラのプリントもOKならば、ずーっと我慢していたカワイコちゃんが沢山いますヨ。
と言え現行品は一つもなく、つまりカワイコちゃんは深窓のご令嬢なのです。 何処に要るかも分からないのですから、「伝説のカワイコちゃん」と呼ぶべきかもしれません。
ネットの海を彷徨えど行方も知れぬ有様に、助手はブロマイド(?)を Wanted に貼っては溜息をつくばかりです。

そんなある日・・・他のアイテムの購入でやり取りをしていたセラーさんが Wanted のページをご覧くださり、『Sanrioのボールパズル、ダブリがありますヨ。』とご連絡を下さいました。 『送りますネ。』とも。
えっえっえっ、伝説のカワイコちゃんに出会えるの!? 欲しい欲しい欲しい、でも支払える金額なのかしら!?!? とアタフタしているうちに、現物が我が家に届いてしまいました。 しかも新品未開封と言う貴重品。

どっどうしよう、まだ支払いしていないヨ!!! だからと言って今私の掌の中にいるカワイコちゃんを、今更手放すなんて切なすぎるわ・・・。 ドキドキしながらメールを差し上げると『ダブりですから差し上げます、ご笑納ください。』とのお返事が返ってきました。
「笑納」だなんてとんでもありません、頭を垂れて有り難く押し頂きます! ありふれた言葉ではこの感謝の気持ちは表わせるものではありまんせが、悲しくも他に相応しい言葉を持ち合わせておりません。 本当にありがとうございます、心よりお礼申し上げます

こうまで言って頂いたのにお金でお支払いするのは失礼なように思いますので、私共のダブリの中でお好みに合いそうなものやオリジナルステッカーのものなどを納めさせて頂く積りです。 頂いたもののお礼には全く足りませんが、その節にはそれこそご笑納下さい。

こうしてやっと落ち着いて掌の中のパズルを見ると、想像以上にカワイイ! やっぱりキティちゃんは永遠のアイドル、しかも裏にはアヒルのペックル、両サイドにはクマとヒヨコがキュートなポーズでこちらを見詰めてきます。
水色と黄色と言うややもすると陳腐になりそうな配色なのに、砂糖菓子みたいな楽しい色合いに調和しています。 そのため混ぜた時の印象も柔らかで、Beach Ball Skewb とは一味違った美しさです。
パズルとしても Meffert's 系のカットラインに合わせて吸いつくようにカチッと止まる気持ちの良い素体で、これにはご主人ちゃまも大喜び。 

助手はカワイコちゃんと言うだけで欲しかったのですが、手にしてみるとそれ以上の満足感のあるパズルでした。
そして何よりも、見るたび回す度にご提供者様のご厚意に温かな気持ちを味わいながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/16

「Oskar's Treasure Chest」のタメイキ

  
こちらのアイテム、ただのキラキラ 3x3x3 と思ったら大間違い。 「Oskar's Treasure Chest」の名が表す通り、蓋を外すと中から宝物が出て来くる仕掛けになっています♪

そしてその宝物とは・・・アクリルのペンダントトップwww 「宝物」と呼ぶのが恥ずかしい様な代物w 助手が仕込んだのではありませんよ、最初からこの組み合わせなのです。 白・ピンク・黄・青・赤・緑のどれかとパズルがセットで販売されています。

ちなみに蓋をあける鍵は白の面の側面が2段目と一致すること、なので1段しか揃えられない助手には開けられない宝箱です。 側面の色がセンターと合っている必要はないとは言え、ムリですヨw

中に物を入れられるパズルは「Oskar's Treasure Chest」の他に「Rubik's Cube Bank」「Bank Sphere」「Earth Puzzle Bank」がありますが、これらは全て貯金箱なので外れるのは1ピースだけです。 しかしこちらは1段そっくり外れるので大きなものが入れられると言うのがなかなかユニークで、自称宝箱の面目躍如と言ったところでしょうか。
また蓋を外すと「Bank Sphere」と同様にバラバラに出来ます。 と言うか、気を抜くと跡形もないところまでバラバラになるユルさも結構面白いです。

こちらのアイテムは「AkunDa」と言う名称で9月に国内販売されとのこと! キラキラではなくステッカーになるのと「宝物」なしで、Meffert's 版より大幅にお安くうられるようです。
純粋にパズルとして楽しむなら、国内版で十分ですね。

でもやっぱり乙女としては蓋の開き方が面白いとかバラバラになるよりも、中からこんなプレゼントが出てくる宝箱が欲しいのが本音ですが、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/12

「QQペンギン」

  
色々なショップで見掛けるこちらのペンギンですが、ずーっと由来が分からず「?」が続いておりましたが、助手が「Morph」の由来を突き止めたのに気を良くしたご主人ちゃまが『このペンギン、何処の誰なのか調べてヨ。』と珍しく業務命令ではなく業務依頼を出してきました。
ペンギンのキャラクタなんて世の中にあまりに沢山あり触れていて・・・あれ、割と直ぐに見つかっちゃったw

テンセント QQ」と言う、中国製のインスタントメッセンジャーソフトのマスコットキャラクターだそうです。 どうせペンギンならばTux君の方が嬉しいんですが、『由来が分かったならコレクションに入れてもいぃか』とか訳のわからない理屈をこねて、ご主人ちゃまが購入しました。

と言うことはキャラモノ解禁ですか? じゃぁキティちゃんにハム太郎にガンダムに・・・と張り切って、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/08

「Morph 2x2x1」のタメイキ

  
以前一度だけ海外のオークションで見掛けたもののあまりの、高値で諦めたアイテムが、ポロリと手に入りました!
可愛いのか不気味なのか分からないキャラクタが何者なのか、手に入れてから「Morph」と言うキーワードを便りに調べてみると、アードマンスタジオの「the amazing adventures of morph」と言うクレイ・アニメの主人公らしいです。 同じアードマンスタジオの「ウォレスとグルミット」や「ひつじのショーン」は助手のお気に入りアニメですが、このキャラクタは知りませんでした。
でもピンクで丸っぽい姿は、それだけで助手の購入の理由としては充分ですヨ♪ しかも大好きなアードマンのキャラクタとは、嬉しい驚きw

更にこれがパズルとしてもちょっと変わってるのも、嬉しい驚き。
球体パズルの分割は 2x2x2,3x3x3,Skewb,MasterBall が大半ですが、なんとこちらは 2x2x1 なのです。 縦に X にカットしているダケなんですヨ! 2x2x1 そのものは珍しいものではありませんが、その球体パズルは MagicalCubism としては初めてのゲットです。
だけどご主人ちゃまには「球体パズル」に認定してもらえなかったのは、大きな誤算w

こうなるとキャラもの禁止とか文句を言われる筋合いはないねと胸を張って、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/05

我が家の収納事情

  
パズルに限らずコレクションと言う趣味には収納と言う悩みが付きまといますが、皆さんはどうされていらっしゃいますか?
海外のフォーラムなどでは重厚な棚に綺麗にパズルを並べた写真を見掛けますが、悲しいかな我が家には立派な棚もそれを置くスペースもありません。 しかもご主人しゃまの『棚は埃をかぶるからイヤ』『パズル同士がすれると痛むからイヤ』と言うコダワリ・・・

そんな時にも問題解決は助手の仕事らしいです・・・
ズンズンズンズンズンズンズンズン MagicalCubim
ズンズンズンズンズンズンズンズン MagicalCubim
ウチの収納は 無印良品
買っても買っても すぐ足りぬ
がんばらなくっちゃ がんばらなくっちゃ
がんばらなくっちゃ
パズルでビチビチ 引き出しするする
パズルでビチビチ 引き出しするする
かってかって積むワ ポリプロピレン

そうして溜ったケースは大小合わせて32個、引き出しの数は34個。 助手がせっせと買って運んだお陰で、今の処なんとか全てこのケースの中に収まっています。

しかしこれだけ引き出しがあると、今度はどれが何処に入っているのか覚えるどころか推測すらできません。 そんな助手の悲鳴に耐えかねたご主人ちゃまが、引き出しとパソコンの間を行ったり来たり。 いったい何をしているのかと思ったら・・・
  1. MagicalCubism の左フレームの検索ボックスに「DOGIC」と入力して検索を実行。
  2. 更に「C5」をクリック。
  3. →表示されたのがDOGICが入っている引き出しの中身
  4. 画面の一番上のMagicalCubismのロゴの横の「C5」をクリック。
  5. 表示された項目のうち「storage」をクリック。
  6. →引き出しの名前をクリックすると、そこに入っているパズルが表示されます
パズルの名前⇔引き出し、を双方向に検索できるシステムを作ったんだそうです。 ご主人ちゃまは自信満々で披露していましたが、助手は呆れて溜息しか出てきません・・・w 確かに便利ではあるのですが、助手のパソコンと収納ボックスはリビングの対角線上の端と端にあるため、面倒には変わりがないんじゃぁ!
パズルやボックスが増える度にちゃんと更新する積りらしいですが・・・すでに綻びがw

お陰さまで(?)安心してお買い物が出来ると言うべきなのですが、既に今現在も『注文してる分が届いたらもう入らない、どうするんだよ』と言われてウンザリしながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/06/01

「D-Ball (DORAEMON)」のタメイキ

  
ある日我が家に助手の覚えのない荷物が届きました、箱には「ドラエモン」と書かれています。 ドラエモンと言うとぐうたらな少年が自分ではなにも努力せずに未来から来たネコ型ロボットに泣きついて日々を過ごすと言う、我が家では放送禁止のアニメではありませんか!
それがなぜ我が家にあるのかと、ムっとしながら箱を開けてみると・・・出て来たのは「D-Ball(DORAEMON)」でした。

ご主人ちゃまによると『アウトレットで安くなってたから買っちゃった』んだそうです。 と言うより・・・『イラネー』と言われていた「HARO Pink」を助手の越権行為で買った落とし前を付けられたのかもw

確かにパズルだけど、キャラモノは禁止じゃなかったの?? しかもこれ、溝が貫通していないのにどうやって回るのよ!
実はこちら胴体の部分はただの台、タケコプターはちょこんと刺してあるだけで着脱自在。 この2つをを外すと「D-Ball」の名の通り 2x2x2 のボールパズルでしたw

このシリーズは稼働ライン以外にもパーツに境目があるため、何処で回るのか戸惑ってしまいます。 「D-Ball (Colorful) 」は特に、なにやら摩訶不思議な動きをしそうでワクワクしますが、実際には単純な 2x2x2 です。 「D-Ball (DORAEMON)」の場合は顔を+に、更に頭部を前後にパックリと割った 2x2x2 になっています。

丸いパズルには目が無い助手はたとえドラエモンでも丸けりゃOK。 表情を「ムっ」から「ニンマリ」に張り替えて、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。