ページ

2012/04/29

「ShengShou 7x7x7」のタメイキ

  
以前取引のあったセラーさんから『7x7x7(Flat shape),8x8x8,9x9x9,11x11x11 の在庫がありますが、買いませんか?』とメールが来ました。
分割数だけで言うとどれも所有済みのものですが、 7x7x7 のFlat shape ですって?! マジっすか?? MagicalCubism で所有している 7x7x7 は V-cube のものなのでピローです、Flat shape と言われたら、気になるに決まっていますヨ。
調べてみると「ShengShou 8x8x8」のダメダシと同様、フラットにするために外周のピース(エッジ&コーナー)が延びて正方形ではないと言う部分は助手の美意識から外れてしまうのですが・・・ 今回は2-3-4-5-6-7-8 をフラットシェイプで揃えたい、と言う願望が美意識に勝りましたw

さて実際に揃って見ると・・・ 大きさが順当に広がっていなかったり、配色が日本と海外混ざっていたり、色そのものも違っていたり、欲を言いだせばキリがありませんが、とにかく黒の等分割がドドーンと勢揃いすると、はっくっりょっくあぁ~るでしょー♪ 更に言うと、フラットなので積むのも楽々ですよ~。
ちなみにこちらの写真では 2・4・5 = Rubik's、3 = DaYan、6 = V-cube、7・8 = ShengShou を使用しております。 2 は WitEden に換えるとして、4・5 にもう少し小さいブランドはないものでしょうか?

こうして見ると白のピローも並べてみたい、そのためにはまだ「噂」に過ぎない 8x8x8 ピローの白が欲しくなり、それなら 2~5の白ピローも揃えなきゃ・・・
一つ手に入れると芋蔓式に欲しいものが増えると言う因果にまみれ、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/26

「Logi-VIP」のタメイキ

  
いつの日か手に入れたいと Wanted に載せていた「Logi-VIP」を、遂に手に入れました(しみじみ・・・)。 あるコレクターさんが在庫整理で売りに出しているものを譲って頂けたのです。
『ツイスト・パズルなんて所詮オモチャに過ぎないンだから、どんなにレアでも強く思い続ければいつの日か必ず手に入る』は、既に伝説ではなく定説になりましたw

こちらは「Masterball」の一つとし、「Masterball(Geomaster)」の古いもののように言われる事が多いようなのですが、助手はこれには少々違和感を覚えます。

確かに縦の8分割はツイスト・横の4分割はスライドの構造は「Masterball」と同じです。 しかし「Masterball(Geomaster)」では縦の8分割に合わせて8色ですが、こちらはその8色それぞれが4段階のグラデーションの32色になっています。 これにより上下の入れ替え不可となり、ゲーム性も別のものとなります。
またキャップとボトムの部分が2分割になっており、縦回転出来る位置が制限されています。 このため「Super Square Star」と同じ動きになりますが、Logi-VIP の縦の分割数は8個、一方 Super Square Star は6個であり、これも別のゲーム性と言えます。

故に「Logi-VIP」はあくまでも「Logi-VIP」である、と助手は主張します。 眉間にシワが寄るお値段でしたが、やっぱりこれは買って良かったナ♪


Wanted の項目を一つ消す達成感を胸に、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/21

「Mach Ball Flags」のタメイキ

  
こちらは海外のオークションで初めて存在を知った「Mach Ball Flags」。 後日調べたところ、ハンガリー製の球状スキューブ「Mach Ball」シリーズの一つで、1989年発売との事です。
「Flags」と言うだけあって、コーナーに欧州旗とEU加盟国のうち11カ国の国旗がアレンジされています。
丸いパズル大好きな助手は勿論のことご主人ちゃまも「New」の文字に惹かれて、開始価格 $59.99+送料$12.00 の高値にもめげず参戦を決意いたしました。 海外のオークションでは未だに終了直前に高額の入札を行うスナイパーが沢山おりますので、臨戦態勢で深夜のオークション終了時刻に臨むつもりが…終了10分前に寝落ちの不覚(爆。
しかし助手の思いがパズルの神様に届いたのか、入札者無しで流れておりました♪

そして数日後、再出品されているのを発見。 しかも在庫5個で $49.99 での即決となっているではありませんか! 生憎その時は旅行中、在庫に余裕もある事ですし、焦らず帰宅してから購入することとしました。

ところが…旅行から帰宅して見ると、在庫は5個のままで価格が $39.99 に一気に値下がりしていますヨ♪
$59.99- でも買う積りだったのに、こうなるとちょっと欲が出てきますw そこでセラーさんの履歴を詳しく見ると、以前「Hockey Puck Puzzle(Rainbow)」を購入した人ではありませんか!? このセラーさんは在庫が減らないとチビチビと値段を下げてくるヒトなのです。 そうとなったら、もうちょっと待つしかありません。

そして待つ事一週間、$34.99 に下がったところで購入いたしました♪ 地色の白が少しクリーム色掛かっているのが元々なのか劣化により黄ばみなのかは定かではありませんが、それっくらいでこのプリントの可愛らしさが損なわれるものではありません。

今回は寝落ちの災い転じて福となりましたが、今後はセラーさんに合わせて戦略を立てつつ、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/15

Triboxさんを目指して

  
本ブログの親サイトである MagicalCubism のコンセプトは、綺麗なアイテムを綺麗にレイアウトして眺めたい。 それには「綺麗なアイテム」だけでなく「綺麗な写真」が必要です。
写真が綺麗なサイトと言えば、何と言っても Triboxさん! 光が万遍に当たって発色が良くてトリミングしたかの様に背景が抜けている…

これまでも Triboxさんを目指して撮影して来ましたが、我が家の撮影機材(白画用紙とZライト)と腕では到底足元にも近づく事ができません。 レタッチもご主人ちゃまのテクでは、ねぇwww
そこでこの度、助手が全画像をレタッチし直すこととなりました。

レタッチそのものはバッチ処理で数カ月前に完了したものの、ご主人ちゃまの画像差し替え作業が遅々として進みません。 MagicalCubism は wiki で構成されているサイトなので、画像の入れ替えは1つずつ手作業で遣らないといけないそうなのです。 一気に作業をする事が出来ず、長い間新旧の画像が混ざった無様な姿となっておりました。
またサイトにアップして他のアイテムと並ぶと、バッチ処理では結果が宜しくない画像も多数混ざっていました。

昨日の雨を利用して二人でせっせとアップデートと画像の再レタッチを行い、やっと全画像の入れ替えを完了! ついでにロゴも入れちゃいました♪
如何でしょう、Triboxさんには遠く及ばないものの、せめて"Trisquare"くらいにはなったのではないでしょうかw??

とは言え綺麗な写真を撮るためには綺麗なアイテムが無くては始まりませんから、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/12

「MQ GlobeCube」のビトク

  
地球儀のツイストパズルを集めています。 強烈に集めています。
そんなある日ご主人ちゃまが云いました。 『Globe Cube ってドレもコレも地軸が面を貫通しているけど、地球を立方体にするなら地軸は頂点を貫通するべきだと思わん?』 言わんとしている事は分かるけど、なんて面倒な事を言いだしたんでしょう・・・
面倒と思いながらも仄めかしを無視できないのが助手の切ない性、直ぐに作業に取り掛かりましたヨ。

3DのCGアプリケーション上では、球形の地球儀さえ用意すれば、それを立方体に変形するのは実は容易です。 テクスチャの焼き付け転送と言う技術を使用しますので、この時に地軸の向きも自由に設定が出来ます。
しかしそもそも地球儀を作ることが非常に厄介な作業なのです。 球に対して平面画像である「地図」を貼るためには、普通の地図を舟形に変形したり、UVをエディットしたり、繋ぎ目を綺麗に塗ったり・・・

ちょっと作業をしてはウンザリしてもっと楽に扱える画像はないかと徘徊、を繰り返しているうちにとうとうおあつらえ向きのサイトを見付けましたヨ。 白地図とは言え立方体にそのまま貼れる画像、しかも地軸が頂点を貫通&面を貫通の両方が用意されています!! なんとこの高解像度画像がフリーでダウンロードできます。 有り難い!!!
面倒な作業はスッパリやめて、この白地図に色を入れてラインの太さを調整して・・・どちらの地軸のものが美しいか比較のために、頂点貫通&面貫通の両ヴァージョン完成しました♪


Vertex axis

Surface axis

いとも簡単に出来あがったような見栄を張りましたが、実際には国毎に色を入れたりラインを整えるのは1ドット単位の作業で、技術はいらないものの時間はそれなりに掛かっていますw その手間にも関わらず…やっぱり普通の面を貫通する地軸の方が収まりが良いように見えるのは気のせいでしょうか?
騒動の元凶であるご主人ちゃまが完成品を見ても一言も感想を口にしないのは、まぁそぅいう事なのだろうとションボリしながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/07

「Footballminx」のタメイキ

  
ご主人ちゃまが「Monochrome」を集めた頃、そういえばこんなのもあったねと思いだして探したのですが、当時はメーカーでもソルドアウト。 でも大本の「Tuttminx」は現役なのでいずれ再販されるでしょうとノンビリ構えておりましたが、生憎なかなか出てきません。
どうやら白素体が在庫切れしていた様で、1月に『白素体のパーツが工場から届いたヨ。 もうすぐ白素体を出荷出来るヨ』と言うニュースをキャッチ、さぁ「Footballmix」もくるぞ~と待ちかまえていたのですが、今回もなかなか登場せず。
3月になるとせっかちな助手はもう我慢できず、メーカーに『Footballmixが欲しいの。 いつ出るの?』とメールしました。 そうすると『はいな、今週末に出しますネ。』と素晴らしい返信! しかし今回も”今週末”を過ぎてもなかなか出てきません。 あーんもぅ・・・
結局リリースされたのは”翌週末”でした。


TELSTAR


TANGO


TEAMGEIST
このシリーズは歴代の公式サッカーボールを模したデザインになっています。 「Ⅰ-TELSTAR」と「Ⅱ-TANGO」は助手にもすぐにそれと分かりましたが、助手は当初「Ⅲ-TEAMGEIST」は無理やりデザインしたものだと思っていました。
「Ⅰ-TELSTAR」と「Ⅱ-TANGO」は見事にサッカーボールなデザインなのですが、残念ながらこの二つは混ぜても色が混ざりません。 そこで一つくらいは混ざらないといけないから無理やり作ったデザインだと思っていたのですwww いわれて見るれば、「Ⅲ-TEAMGEIST」に見えなくもありませんね。

混ぜても混ざらないのネタは「Dino Cube(Checker)」で実現しからもう充分と言うことで、ご主人ちゃまからの購入指令は「Ⅲ-TEAMGEIST」だけでした。 しかしサッカーボールと言ったら 「Ⅰ-TELSTAR」を外すワケには行かないでしょう! 3個シリーズのうち2個まで買ったら普通コンプリートするでしょう!! と言うワケで、助手の権限で全部買っちゃいました♪

想定外の3つのサッカーボールに呆れられながらも、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/03

「Ball Sudoku Cube」のタメイキ

  
発表とプレオーダーが開始されたのは1月21日、ご主人ちゃまがオーダー&支払いをしたのは1月28日。 その後「MQ Solid Sudoku」や「MQ Solid Sudoku on Color」と言った騒動(?)を起こしながらもなかなかリリースされなかった「Ball Sudoku Cube」ですが、やっと3月21日に発売元ではないショップで正式リリース。 本家本元 Meffert's でリリースされたのはそれから遅れること2日。 一体どーねってンねンw
折角の新入荷なのに、オーダーから到着まで随分待たされた上に、間に「お菓子なパズル」が挟まってしまったので、ずーーーーーっと下の方での初登場になっちゃいました。
いざ実物を手にしての感想は・・・「完成状態なのに色が混ざっているのが助手の美意識的には納得できなーい。」なんて叫んでゴメンナサイ。 なんだかとってもかわいぃの! 小さなボールの色が混ざってポップなの!!
助手は全然興味がなかったのですが、一気にお気に入りリストに登録ですw

ただ・・・実物を手にして思い出したように呟かれる『9色素体と比較しないと判断出来ない』なんて物騒な言葉におびえながら 、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/04/01

「MQ 福沢諭吉」のビトク

  
大量に届いた「お菓子なパズル」の呆然と眺めるうちに、助手は「IQube(ガリガリ君)って、お札の比率じゃない?」と思いつきました。 実際に量ってみると比率はまるで違ったのですが、助手の心に芽生えた『ガリガリ君で福沢諭吉』の衝動はもう誰にも止められませんw

とは言え昨今のグラフィックツールは偽造防止のために紙幣画像のエディットは出来ません。 勿論スキャナでの撮り込みは出来るわけがありませんし、カメラ撮影した画像でもアプリに読み込むことができません。 そこでプリントスクリーンでアプリに持って行ったり、ちょっとだけ縦横比を変えたり、なんとかアプリを騙して作業を続けます。
それでもこの作業は一応違法行為なワケでありまして、せめて偽造紙幣として使えない配慮の主張として角度をずらして3枚重ねました。 素体と縦横比が違うのを逆手にとれたのではないでしょうか?
裏表は用意しましたが、このパズルは側面にはゲーム性はないのでここは剥きだしのままにしてあります。 どうせギャグパズルなのでネ。
今回プリント用紙を変えてみたのですが、思い通りに発色しないとか、薄すぎて気泡が逃せないとか不満は色々あるのですが、所詮ギャグパズルなのでネw

紙幣偽造で逮捕されても見捨てないでねと 、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。