ページ

2012/12/31

2012年を振り返って・・・

  
本年入手の内 MagicalCubism に掲載済みのものは「Hockey Puck Puzzle(Rainbow)」から「ルービックキューブロックス」までの約230個(Dark Side 含む)。 加えて到着待ちのアイテムは11個と、未掲載のものがいくつか。
ちなみに昨年の購入は約260個でした。 サイトを始めた当初は、今流通しているものを一通り入手すれば後は新作を順次入手するだけでペースは落ち着く、と思っておりましたが今の処は落ち着く気配はありませんw
Wanted なアイテムも入手する毎に減って行くと思っていましたが、今年はDOGICやガンダムを始め多くの Wanted を入手できましたが、なぜか次々と Wanted は増えて行きますwww

さて今年の最大の収穫は、パズルの向こうにいらっしゃる方々とお付き合いを持てたです。 特に葉樹林さんやJUNさんと実際にお会いできた事は大きな喜びでした。 パズルの面白さについてお話を伺ったり、貴重なアイテムを頂戴したり譲って頂いたり、助手の拙いオリジナルステッカーを喜んで頂いたり。 どのお付き合いも有意義で楽しく・・・
MagicalCubism のツイストパズルへの取り組みは単なるコレクション、実際に回される方から見ると言わば邪道の立場にある身で、このように他の方との交流を楽しめる様になるとは想像すらしておりませんでした。
この一年お付き合い頂いた皆さま、MagicalCubism 並びに本ブログをご覧頂いた皆さま、誠にありがとうございました。 心よりお礼申し上げます。

今年はご恩を頂く一方の一年となってしまいましたが、来年は少しでもどなたかのお役に立てる身となれたら良いなと思っております。
そのためにはまず私達が心底 MagicalCubism を楽しめるよう、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/28

「Mickey Mouse Head」のタメイキ

  
こちら「Mickey Mouse Head」は「Donald Duck Head」と同じブランドの製品です。
ミッキーのツイストパズルと言うとラスボス「Mickey Puzzle Head」が有名(?)ですネ。 またハンサムな「Mickey Keychain」もあります。 早速比較してみましょう。
下の画像は向って左から順にラスボス・新人君・ハンサムさんです。
真っ先に感じるのは新人君はガングロw、一匹だけかなり顔黒です。 おそらくカリフォルニアや舞浜にいるミッキーには新人君が一番近いのでしょうが、こうして並べると一匹だけ垢抜けない感じで、ちょっと可哀想になっちゃいます。
シルエットを見ると新人君の耳はロバの耳しゃもじ っぽい。 長くて小さくて、「大丸1つに小丸が2つ」のイメージとは、ちょっと違う感じです。
鼻の再現度はハンサムさんがずば抜けています、他の二つはモンゴロイド・ミッキーって感じです。 ですがクルクル回すパズルとしては出っ張りがない方が持ちやすくて理に叶っていると言うべきかもしれません。
目の再限度は新人君が圧倒的です。 こうして並ぶと他は、位置といい大きさといいミッキーと言うより忍者ハッ○リ君に見えてしまいすw。 目に関しては新人君が一番! と言いたいところですが・・・黒目が真っ二つに割れているのでヘン顔ができません! 最初に手に入れたラスボスのせいでミッキーに期待するのはヘン顔になってしまっている我が家にとって、これは失望感が大きいですw

かくなる次第で、残念ながら新人君は我が家のミッキー・ランキングのトップを飾る事はできませんでしたw。
そもそもヘン顔度合いでラインキングする不条理には気付きながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/17

「Jade Cube/Pyraminx」のタメイキ

  
Wanted に掲載されていたアイテムを入手しました。 パールっぽい彩色が美しい「Jade Cube」と「Jade Pyraminx」です。
こちらの二つは Meffert's の製品なのですが一般には販売されておらず、「Jade Club」と言う秘密結社有料のクラブのメンバーにならないと購入できません。 しかも入会にはメンバーの紹介が必要と言う敷居の高さに、これまでアテもなく指を銜えておりました。

しかし8月に発表されたクラブの新作画像がとても魅力的。 もうウジウジしてなんかいられない! そこで図々しくも海外のフォーラムで「誰か招待して下さい」と呼びかけたところ、親切な方が招待コードを送って下さいました♪ 早速入会手続きをしようとしたのですが・・・必要事項を全て記入して Submit ボタンを押しても反応がない!? 何度やってもダメ! サイトにあるメールアドレスに問い合わせのメールを送っても、これまた反応なし。
どうしようもなく過ごしていましたが、11月に発表された画像もやっぱり魅力的。 グズグズしちゃいられない! 再度フォーラムで呼びかけてもう一人の方にご招待をお願いしたのですが、すでに私に対しては招待コードが発行されているので2重招待はできないと言う返信がありました。 この方に「確かに招待コードは持っているんですが、このコードでは何度チャレンジしても Submit されないんす・・・」と相談したところ、クラブにメールを送って下さったとのこと。 なんと親切な方なんでしょう!? お陰様で数日後、入会することができました♪♪

続いて支払いのページに進んだのですが、価格設定が$18,$27,$36,$45と4種類もある!? 違いはきちんと説明されてはいるのですが、こちらのサイトはFlashで作られているために翻訳ページを通せない
助手の推理&友人の添削によると、$18だと「Jade Cube / Jade Pyraminx」のどちらかがもらえて、$36だと両方貰える。 $27と$45はVIPと呼ばれるメンバーで、$27だと「Jade Cube / Jade Pyraminx」のどちらかがもらえて「Imperial Jade white」を買うことができる、$45だと両方もらえて「Imperial Jade white」を買うことができると言うことらしい・・・。
そう言うことなら大は小を兼ねるのでVIPの$45のコースで決断し、「Imperial Jade white Cube」「Imperial Jade white Pyraminx」も購入できました♪♪♪

今回も色々な方に助けて頂きました、ありがとうございました。

他に扱っているのは他のショップで買えるものばかりのようですが、他にもなにかメンバーのメリットがあるのか・・・詳しいことがわかりましたらまたこちらでお知らせしたいと思います。
また我が家の3人の招待枠で、日本の相応しい方と楽しみを共有できたらなどと思いを巡らしながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/13

続報「Petaminx」のツゲグチ

  
2012年07月21日に『速報! 「Petaminx」到着』でお知らせしたものが、やっと MagicalCubism に掲載されました。

こんな画像で「Petaminx」のページが用意されていますが・・・実はステッカーが貼られているのはこの写真で見えている6面だけwww 裏の6面は未だ真っ黒のまンまです。
ご主人ちゃまは完全にやる気を失ってしまったようです。

助手が頑張って世界で9個目の出荷をゲットしたのにヤレヤレだけど、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/09

「Bauhinia Dodecahedron」のタメイキ

  
昨年画像がリークされ6月に製品化が発表れていたのもが、ついに「Bauhinia Dodecahedron」の名称で発売されました。 カットラインがお花のように美しいパズルです。

発表当時は「Rex Dodecahedron」と名乗っていましたが、LanLan の製品の「Rex Cube」と紛らわしいのを避けたのでしょうか? かと言って花のようなカットラインにちなむにも「Flowermix」の名称のものは、既に Meffert's から発売されています。 そこで花の名前の一つ「Bauhinia」を選んだのではないかと推察しています。
ちなみに読み方はローマ字通りの『バウヒニア』で、これは香港の象徴の花だそうです。 なるほどmf8は香港のメーカー・・・ではなくって広州にあるみたいなんですがw

こちの基本は「Starminx I(コーナーターン)」です。 このカットラインを曲線にすることで交差が生まれ、花のような形をなしています。 ですから回転はコーナーの120度、更に交差していることでなんと40度と80度でも回ります!
頂点Aを中心に時計方向に40度回したときには、頂点Aをなす各面上で時計周りで3つ目の頂点B1,B2,B3でも回転します。 頂点Aを中心に時計方向に80度回したときには、頂点Aをなす各面上で反時計周りで3つ目の頂点C1,C2,C3でも回転します。
しかもこの回転のときセンターが移動して花びらが一つ飛び出すと言うオマケ付き。

パズルを解くにはこの40度・80度が大きな混乱をもたらすのではないでしょか? 姿が美しいだけに、綺麗な花には刺があるの形容が相応しいパズルと言えましょう。

頂点Aを時計方向に40度回したとき、
頂点B1,B2,B3で回転するとセンターが移動して花びらが飛び出します
頂点Aを時計方向に80度回した時には頂点C1,C2,C3で回転できます

その後頂点Aを戻すともう一枚の花びらが飛び出しながら
正12面体に戻ります
↓ ↓ ↓

白状すると、このパズルに40度・80度の回転があるとは知らずに買いました。 手元に届いて弄って見ても、回転は120度だけだと思っていました。
手元に届いてからお花が飛び出した画像に遭遇して「???」です。 飛び出すためにはコーナ120度以外の回転が必用だけど・・・とブツブツ言いながら弄り続けると、コーナーだけど他の角度があったんです!

ご主人ちゃまはお花の飛び出しで予想される難易度の高さに途方にくれたご様子w せめてそのセオリーが解明できれば助けになるかしらと内緒でクルクルしていると、ポップするする! 今度は自分が途方にくれるハメになりました。
なんとか元に戻して何事もなかったような素振りで、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/05

「Donald Duck Head」のタメイキ

  
最近ヨーロッパのオークションに出回っている「Donald Duck Head」です。
ドナルドのパズルにはかなり古そうなものが存在しており、助手は以前から Wanted しておりました。 なので始めてこちらを見かけたときには復刻版!? と期待して購入しましたが、完全な新作でした。
右はとあるサイトさんから頂戴した、古いものの画像です。

パズルとしての違いは、頭のてっぺんの Disney のロゴの有無。 古いものでは2つパーツにまたがってロゴが書かれているためこのパーツは入れ替え不可となり、新作より難易度が高くなります。
新作はパッケージにはロゴが入っていますが、パズル本体にはどこにも書かれていません。 普段はロゴなど気にはしませんが、ロイヤリティにやたらと煩い Disney となると嫌いな会社といえどもロゴが欲しくなってしまいますw

顔も結構違っています。 黒目の大きさの違いは印象を随分変えると思います。 また嘴の開き加減も違っているように見えます。 2枚の写真からの想像では、古いものは大人っぽくストイック、新作は子供っぽく愛嬌のある表情、という印象を受けます。
うーん、実際に並べて比べてみたい、そのためにもやっぱり古いものも欲しいです。

「Wanted を一つ消せるかも♪」の思惑は完全なヌカ喜びでしたが、新作でも楽しいパズルは大歓迎です。 ・・・ですが、ひとつだけ声を大にしてダメダシさせてもらいます。
パッケージがデカイ! デカ過ぎ!! 確かにパズルそのものも嘴が突き出している分大きめなのですが、ここまで大きなパッケージはいらないでしょう!

空気を空輸してどうするかとツッコミ入れながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/12/02

「バス型立体パズル (高知県交通グループ)」のタメイキ

  
「電車/バス型立体パズル」の新作は「高知県交通グループ」によるバスです。
2012年11月3日が発売日だったようなのですが、不覚にも全く気付かずおりました。 ご主人ちゃま宛に「こんなのが出たの知ってますか~」と中国の方からコレクション画像が送られて来て知った次第です。
日本製のパズルの発売情報を外人さんに知らされた事にご主人ちゃまのプライドは随分傷ついらしく、今回は自分で頑張ってくれましたw 送られて来た画像から「高知県交通」のキーワードを割り出して公式サイトにたどり着き、リリース情報も見つけることができました。

しかし公式サイトにもリリース情報にも問い合わせのメールアドレスが記載されていません。 ご主人ちゃまが電話で問い合わせをするとは到底思えず、あぁ頑張りはここまでかとガッカリしていたところ・・・昼間の彼はちょっとちがう~。
高知県交通をスっとばして、このパズルを販売しているホテルをターゲットにチョイス! 当たりをつけたホテルは通販をやっており、こなれた対応が期待できます。 このパズルは通販ページには載っていませんが、メールアドレスさえわかればレッツ問い合わせ♪

流石ホテルとなると、接客が段違い。 代引で送ってもらえることになり、あっと言う間に手元に届きました! お役所モードの現金書留支払い&送料着払いとは、エライ差ですわぁ~。
教えて下さった中国の方&ホテルの担当の方、この場をお借りしてお礼を申し上げます。 頑張ったご主人ちゃまには、熱いチューをw
こうして4つ並ぶと、「シリーズ」と言う感じがしますね。 乱発されると困りますが、ゆっくりペースならもっと増えても大歓迎です。
バスならば次は「はとバス」がいいなぁ、しかも二階建て車両だと嬉しいなぁ♪ などと夢を見ながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/28

「Gundam Deactivate Mode」のタメイキ

  
世界のどこの製品よりもハードルが高い日本製。 しかも欲しがるのはパズルファンだけでないと言う悪条件に加えて限定版がやたらとあって雲の上の存在とも言うべきガンダムシリーズのうち「Gundam Deactivate Mode」がこちら!
こちらのアイテムは当ブログにしばしばコメントを下さるJUN様が探索にて発掘して来て下さった、ご好意の結晶のアイテムです。
JUN様、あの暑いさなかに誠にどうもありがとうございました

受け渡しは宅配ではなく手渡しにして下さると言うことなので、目印にツイストパズルを回しながら待ち合わせることとなりました。 ご主人ちゃまのチョイスは「3x3x3 Mixup Plus」、これには『普通の 3x3x3 だと不安になるけど、これならマニアに間違いないってわかりますネ』とお褒めのお言葉を頂戴いたしましたw

私たちにとってツイスト・パズル愛好家の方とお話しするのは初めての体験です。 (葉樹林さんはパズル愛好家さんです) ガンダムが嬉しいのは勿論ですが、それ以上に同じものを愛好する方と直にお会いしてお話できたことの嬉しさは、ハンパありません!
このパズルはどこが上手くできているとかあの発想が素晴らしいなど、コレクター視点での会話の楽しかったこと! ご主人ちゃまは助手が相手ではできないソルブに関する話ができて、感動ものです。 オリジナルステッカー作りのコツやアイデアもとても参考になり、パズルの改造に至っては私達には未知の世界で、目を丸くしながらお話を伺いました。
またこちらに来られることがありましたら、是非ともお声をお掛け下さい。 もっとゆっくりとお話しさせていただけるとありがたいです。

またこの際、私どもからは先に余分に確保しておいた「電車/バス型立体パズル 3点セット」をお譲りしました。 早速誰かのお役に立てて、これも満足感タップリ♪
伺うところによるとJUN様は通販には抵抗感をお持ちとの事、一方東京在住の私共は探索しようにも回りに昔ながらのおもちゃ屋が無い状況。 双方の得意と苦手が凸と凹のように重なって楽しめるお仲間は素敵です。 是非とも今後も情報やお買い物をシェアさせて頂ければと思っております。

お会いする日は助手の誕生日の翌日と言う事で、JUN様のオリジナルステッカーやキティちゃんやバカデカ3x3x3など、沢山プレゼントを頂戴いたしました。 どうもありがとうございました! うふっ、おねだりはしてみるものですね~www
パズルの向こうにある出会いにワクワクしながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/18

「K-Ball (Globe black perl)」のタメイキ

  
『また Globe?』なんて言わないで下さいw こちらは「K-Ball(Globe black perl)」と言う、ニューアイテムです♪
こちらはパッと見にはハピネット版の「K-Ball(Globe)」と同じに見えるかも知れませんが、海の部分を良く見て下さい。 ただの黒じゃないんです! 見る角度によって色が変わる玉虫色ってヤツなんです!! このため正面は緑、側面は紫に見えます。

こちらは海外のオークションで見つけた、非量産品です。 商品説明では『Changes colour in different lights.』とか『Not made for mass market.』と大仰に売り込んでいるにも関わらず、商品写真ではただの黒にしか見えません。 問い合わせると『光が当たると黒いオイルのように緑と紫に見えます。』と返信が来ました。 それってまさか Maziora ですかぁ!?
本当に Maziora なら、雑な写真でも見事に色が変わって見えるはずなのですが・・・まぁ大好きな Globe なので、難しい事は言わずに買っちゃいました。 高かったケド。

で、届いて見ると・・・流石にMazioraと呼ぶには程遠いのですが、正面は緑・側面は紫に変化します。 まるで黒真珠のようと言ったら、言い過ぎでしょうかw

イメージしていたより緑に見える面積が小さいのですが、偏光塗料は目からの角度によって色が変化するものなので、球体だと直角に近い角度が非常に狭いのでこうなるのも致し方ありません。
また表面はツルツルなのですが緑や紫に発色する部分はザラついて見えます。 どうやら塗料にラメっぽいものが含まれているようです。 この辺りは TAMIYA ポリカーボネートスプレー 偏光塗料に似ている気がします。

真っ黒なものと並べて見ると、漆黒と玉虫色、それぞれの美しさが引き立ちますね~。 なんて自画自賛w。
そういえば以前買った TAMIYA のスプレーがまだ残っていたはずだけど何処に行ったかナとウロウロしながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/14

「Ball Cube」のダメダシ

  
これまで静観していた「Ball Cube」ですが、遅ればせながら購入いたしました。 深い理由はありません。 発売元のショップがPyraminx 42周年記念」で一部のアイテムを30%OFFにしていたから~。
Ball Sudoku Cube」も覚めた気分ででの購入でしたが、手にしてみると予想外の可愛らしさに大喜びの結果となりました。 今回もそんな展開を密かに期待したのですが・・・

手にして見ても、回して見ても、どうしてピースをボールにしたのかがわかりません。
Ball Sudoku Cube」はピースのすべての面が同じ色なのを強調したいのねと納得できたのですが、こちらは理由が全く見当たりません。
それでも発売された順番が Ball Sudoku Cube > Ball Cube なら『パーツが余っちゃったので苦肉の策なわけね』と同情できるのですが、実際には Ball Cube > Ball Sudoku Cube の順番。 つまり『コレが作りたかった!』なの?
うーん、やっぱり理解できません。

その上、美しくない。 全体に、暗く重たいのです。
9色 VS. 6色なので使えない色が3つ出ますが、白・ピンク・水色と言うKAWAIIトリオを揃って外したのが大きな間違い! 揃えても混ぜても、濃い色6色ばかりなのでちっとも「カラフル」と言う印象にはなりません。
どんな色ともベストマッチな白を外して、代わりにダークな紫を使っているのは大失敗。 更に青は水色の方がボールには合っているように思います。 ピンクは、この場合はボケるからなくても良いかな?

30%OFFだからいーんだけどね、でも30%OFFでなければ買わなかったンですけどね。 「こんなパズルもあったねと、いつか話せる日が来る」のかしらと不安になりながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/11

「Golden Egg-Gold」のタメイキ

  
こちらは金・銀・金銀・白・赤・青・黄・緑の8色があり、既に助手の努力で以前から黄色を所有しておりました。 しかし我侭なご主人ちゃまは「Golden Egg なんだから金色じゃなきゃ認めない」と満足してくれません。

そんなコト言ったって、元々限定販売で生産量が極端に少なかったために我々がこの世界に興味を持ち始めた頃にはとっくに市場から消えており、今となっては完全にレア物です。
中でも金色は当然一番人気で、オークションでも高値。 そうそう手がでる代物ではありませんよぉ(涙

そんなある日海外のマーケットプレイスに出されているのを発見♪
すぐに「欲しい!」とメールをいれましたが、我が家の予算では$60のオファーが精一杯です。 定価は$42でしたから1.4倍で我が家にとっては大勝負なのですが、最近の相場ではよほど運が良くなければ入手は敵いません。 精一杯ながらも駄目で元々の金額です。

数日後セラーさんから来たメールでは、案の定『最高額のオファーは€100です』と。 $100でも無理なのに€100なんて逆立ちしたってムリ!
でもその先を読んで行くと『でもあなたは以前も私から買ってくれたので、優遇します。 あなたが$25でオファーしてきたアイテムと合わせて€100でいかがですか?』とあります。 うっ、$100ならまだしも€100では最初のオファーの1.5倍すよぉ。 魅力的だけどやっぱり無理!

そこで「魅力的なご提案ありがとうございます。 でも、そんなにお金ありません。 ディスカウントしてもらえませんか?」と、もう一度ダメモトで食下がってみました。 すると『それじゃぁ送料€12も込みで€100でいいですよ。 ついでにいうと、この Golden Egg は New ですよ。』と返事が来ました。
送料込なら無理をしてもいいかなと助手の気持ちが傾きはじめたところに、Newの一言にノックダウンされたご主人ちゃまの「買うしかっ。」の号令。 「I want them.」と返信しました。

後日セラーさんからトラッキングナンバーと共に『梱包したら506gになっちゃって、送料€23もかかっちまったヨ(涙』とナゲキのメールが届きました。 その送料ではとても我々には手せないところでした、危機一髪!
セラーさんご迷惑お掛けいたしました、でもありがとう。

以前から所有していた黄色も悪くもありませんが、やはり金色はピッカピカで綺麗です♪ 「こうして見ると、尚更 Golden Cube も金が欲しくなるねぇ」とプレッシャーをかけられながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/07

「Teraminx (13 colors)」の妄想

  
ご主人ちゃまが購入した「Teraminx (13 colors)」を見た助手は、エッジがないから色の位置変えが出来る素敵パズル!? 「7x7x7(Dazzler)」系の一捻りがピリリのアイテム!? と思ったのですが・・・
『センターはコアに固定されてるから、位置は変わりません(キッパリ)。』とご主人ちゃまの冷静なお言葉。 エッジを合わせなくて済むので普通の「Teraminx」よりずっと楽ちん、と言うのがこちらの存在意義なんだそうです。 あー、そりゃそっか。

だけども助手は考えた、そして閃いた
    1. すでにエッジがないと言うことは・・・
    2. センターも無くせば色の位置変えが出来る
    3. センターがない十二面体って言うと、Holey があるじゃん
    4. あれのエッジも剥がせば、色の位置換え可能な十二面体が出来る!
私って天才かも♪

すぐにパズルの収納ボックスからお目当てのアイテムを出してきましたヨ!
あっあぅー、でもこれ「Teraminx」じゃなく「Megaminx」だった。 「Holey Megaminx」のエッジのステッカーを剥がしたら、ただの真黒な穴き十二面体になっちゃう・・・

あぁ痛恨の一人ツッコ&ミ一人ボケw 「Teraminx」をもう一つ買ってエッジとセンターのステッカーを剥がせば実現できますが、それほどの気力はナシ。
何事もなかったかのように自己完結して、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/04

「K-Ball (Globe)」のタメイキ

  
左は最近手に入れた「K-Ball(Globe)」。 右は”「K-Ball Set of 3 Puzzles」のタメイキ”でご紹介した「K-Ball(Globe)」。
同じものが何故二つ???

「K-Ball」はハピネットが「ValentineTwisterSpotTangledHeartsGlobe」の6種類のラインナップで国内販売していました。 しかし MagicalCubism が球体パズルに興味を持った頃にはすでに販売が終了し、「Globe」だけは探せどもまるきり見つかりませんでした。
そうした中での”「K-Ball Set of 3 Puzzles」のタメイキ”だったのですが・・・。 手元に届いたものを見ると、なんだか様子が変。 他のハピネット版は全て直径が8.2cmなのですが、届いたものは一回り小さい7.0cmでした。

その後調べて行くとK-Ball(Globe) は各国でそれなりの数が出回っていたようなのですが、海外のものは直径が7.0cmのものがほとんどで、8.2cmは非常に珍しいものらしいのです。
大きさの他にバイカル湖の有無と言う違いもあります。

そうなると、なんとしてもハピネット版も欲しい! この1年程ご主人ちゃまと探し回っていたところ、通販最大手にポロリと一個だけ登場。 意外なほどあっけなく手に入りましたw
見つけたのはご主人ちゃまではありますが、このラッキーはきっと助手の日頃の行いの賜物に違いない( *`ω´)

こうして運を引き寄せるためにも、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/11/01

「ミッキー・キーリング」のタメイキ

  
こちらは写真で存在だけ知って欲しいチャンネルONになっていたのですが、先日葉樹林さん経由でとあるコレクターの方から頂戴いたしました。
こちらのアイテムはオークションやコレクションサイトでも見かけることすらないアイテムで、入手はライフワークになるのだろうと覚悟しておりました。 その中でこのような巡り合い、ありがたくて言葉が見当たりません。 月並みになってしまいますが、誠にありがとうございます
また提供者様とのあいだを取り持って下さった葉樹林様にも、心より御礼申し上げます。
何しろ写真でしか知りませんでしたので、外国製のパチものを想像していたのですが、国内で販売されたディズニーの正規品でした。 そのためか「Mickey Puzzle Head」(こちらも一応パッケージにディズニーと書かれてはいますが、他は漢字ばかりなのでちょっと怪しげ)より顔がずっと正確に再現されています。 特に鼻は欧米人の高さですw 目が小さめなのは、現在の顔に近いでしょうか?
全体のバランスが正確に再現されているため「○に目鼻」ではく、その分「ヘン顔」には向きません。 純粋にミッキーで楽しむパズルです。

同じ「2x2x2」で同じミッキーをテーマにしていながらこんなにも違う印象になると言うのは驚きです。 このような発見までいただけたこと、重ねて御礼申し上げます。

また葉樹林さんからの荷物の中には面白貯金箱も同封されていました。 これで500円玉貯金をして、もっとパズルを買いなさいと言うことですね。 はい、承知しましたw

しかしディズニーの正規品となるとミニーちゃんはいないのかしら、ドナルドのキーリングは? と妄想が広がります。 日本国内だけで販売されたものはなかなか市場に出てこないので、あるとしても滅茶苦茶ハードルが高そうです・・・
新たな難問を抱えて、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/10/29

「Gear Minx」の知ったかぶり

  
ギアのシリーズに新たな仲間が加わりました。 「Dodecahedron 3x3x3」のギアです。 そして「Dodecahedron 3x3x3」は正十二面体と言うだけで実際には 3x3x3 なので、ゲーム性は「Gear Cube」と同じと言えます。

Gear Minx I

Gear Minx II

このシリーズは二つのアイテムがリリースされています。 見た目がかなり違うので別な物のように見えますが、実は素体は同じでギアピースの有無だけの違いです。 「Gear Cube」と「Gear Cube (Fisher's style)」や「Gear Cube Extreme」と「Gear Cube Ultimate」、「Gear Pyraminx」と「Gear Pyraminx II」の関係と同じです。
ギアピースにステッカーのない「Gear Minx I」では歯車を無視したステッカーなので、見た目がこれほど違うのです。 当然攻略も難易度も変わります。


でも助手にとっては見た目が全て! 「Gear Cube」の知ったかぶりでも書きましたが、このシリーズは「ギア」こそが魅力なのですから、「Gear Minx I」もギアギアステッカーになっている方が魅力が伝わり易いように思います。 ちょっとガッカリですね。
いっそ「Gear Minx II」を二つ買って、ギアピースのステッカーを剥がして「Gear Minx I」を作ろうかしら・・・と助手が妄想しているとは露知らず、ご主人ちゃまはサッサとまんまるステッカーの「Gear Minx II」を注文してしまって(´・ω・`)。

こちらは LanLan の製品なのでタカラトミーアーツからの発売はないと思われますが、素敵なパズルですからきっと国内の専門店さんが輸入販売して下さことでしょう。 その際△箱さんが助手の美意識を満たすステッカーで出してくれて、歯ぎしりをする顛末を恐れたり期待したりw
その時には文句の一つも言ってやろうと企みながら、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

2012/10/27

「House Cube(golden sticker)」のビトク

  
ご主人ちゃまが「Octagonal Prism(golden sticker)」と「STAR」を合体させて作った「House Cube(golden sticker)」です。
使った「Octagonal Prism(golden sticker)」は「Fisher's Cube(golden sticker)」のパーツを流用して無理やり作ったパズルなので、微妙に屋根がはみ出しています。 これが庇みたいで、なかなか宜しいンじゃないんでしょうか。 かわいいパズルの仲間が増えました。

見た目が可愛いだけじゃなく、このパズルで解かなきゃいけないのは1段だけ。 1段しか解けない助手のために生まれて来たようなパズルじゃありませんか!? 試しに自分でシャッフルして解いてみると、ほらやっぱりできますヨ♪

と浮かれていたら、『でもね、ココとココが同じだからパリティが・・・』とかご主人ちゃまは茶々を入れてきます。 そう言えばご主人ちゃまは随分苦労して解いていたわね? 助手は屋根を解く事に集中しましたが、ご主人ちゃまはどう云うわけか床から揃え始めたそうで、そりゃぁパリティも沢山でますワwww
「どうみたって屋根さえ揃えれば良いパズルなんだから、フツー屋根から揃えるでしょ。 床から揃えるなんて、頭が固いンじゃない? 1段だけでいいなら私にだって簡単だよ。 なんなら貴方がシャッフルしてよ、解いてあげるから。」と鬼の首とった気分でタカビー気分になっていると・・・ご主人ちゃまがゴニョゴニョと混ぜて、ニタ~リとしながら渡して来たのはこちら。

うぉお、これが家になるなんて、知らなきゃ絶対に分からない! これですでに完成しているようにも見える!! 元々は「Fisher's Cube」のパーツなので、こうなるのも当たり前と言えばそうではあるのですが・・・カタチって、つくづく面白いものですね。
でもちゃんと戻せましたヨ♪

それにしてもパズルって、解けると楽しいものなのですね。 初体験の楽しさに意欲も新たに、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。