ページ

2011/09/28

「Rubik's Touch Cube」のタメイキ

  
ご主人ちゃまがツイストパズルにハマり始めた頃、さっそく厄介なものを見付けてきました。 その名も「Rubik's Touch Cube」。


知能指数の低い私はまったくこのブームに乗れず冷ややかに眺めていたのですが、ご主人ちゃまの欲しがりようは尋常じゃありません。 聞くところによるとこのパズルは国内では取り扱っていないとの事。
おりしもバレンタインデーが控えた時期です。 それじゃぁサプライズプレゼントしましょうかね、と私も調べ始めたのですが、マジで国内で取り扱っているところがない! 検索して出てくるのは海外のページばかりです。 しかも当時はツイストパズルに関する用語も全く知らず、翻訳サイトを通してもチンプンカンプン。 同僚の翻訳者にお願いして日本に発送してくれる業者を選んでもらったものの、その先はまたチンプンカンプン。 観念して個人輸入代行業者を使いましたが、その費用が無駄に高かったヨ(涙。

それでもなんとか無事に2月13日に到着、一日早いけれど早速プレゼントしてご主人ちゃまの満面の笑顔に助手も大満足♪ のはずが・・・ このパズルは充電式なのですが、海外製品なので日本とはアダプタの電圧が違ってこのままでは使い物になりません。 こうなると助手には何も手立てを持ちませんが、流石ご主人ちゃま雨の中近所のホームセンターまで走ってアダプタをゲットしてきました。
さてさてやっとご主人ちゃまの満面の笑顔に私も大満足♪ のはずが・・・ フル充電しても電池が10分も持ちません、オタオタしていると完成する前に電池切れでゲームオーバーになってしまいます。 不良品かとも思って色々としらべたのですが、どうやらこれが正常な動作の模様。 電池大国日本の住民が当然と思うクオリティを、海外製品に求めてはいけないという事を痛感しました。
このあたりのご主人ちゃま視点での報告は「スラりソラの下」でご覧ください。

しかもこのパズル、暗いところで見るととても綺麗なのですが昼間だとライトが弱くてなにも見えない・・・ 挙句の果てに『実際に廻るワケじゃないから。 機械式時計のサイトにクォーツ時計を混ぜるようなヤボはできない』と言う厄介なコダワリのせいで、MagicalCubism ではダークサイド扱い(号泣


こんな無体な待遇にもめげず、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿