ページ

2011/09/29

助手の馴初め

  
タメイキをお読み頂いた方の中には『こんな酷い待遇を受けながら、どうして助手を続けているの?』と思われる方もいらっしゃる事でしょう・・・いて下さい。

そもそも我が家にツイストパズルを持ち込んだのはご主人ちゃまです。 凝り性のご主人さまは解法を探す傍ら、それまで想像もしていなかったような素敵なキューブ達を見付けてきました。 欲しい々と連呼するものの、なかなか購入の手立てを見つけられずにいます。 そこで試しに助手が調べたところ、苦もなく良さそうなお店がいくつも見つかります。
それでもご主人ちゃまは「欲しい」を連呼するだけで、なかなか買おうとしません。 個人輸入の初心者でもないのに何を躊躇しているのかと思いきや、『日本に送ってくれるって明記してない』『送料書いてない』『$って書いてあってもどこのドルかは書いてない』・・・宿題をやらなかった(忘れたではない)小学生の屁理屈ですか? そんなもんメールで問い合わせりゃいいでしょと、助手が翻訳サイト頼みで書いた英文のメールを送ると、ちゃんとしたお店はちゃんと返事を返してくれます。 返信の返信で在庫を確認してオーダーして支払って・・・簡単ジャン!

数週間後に届いた荷物を思いっきりのドヤ顔で開けると、ご主人ちゃまは思いっきりの笑顔ではく『強いねぇ』とあきれ顔を返してきます。 そのくせパズルの成り立ちやら攻略やらは、嬉しそうに語って来ます。
なにソレ、私の努力はパズルの面白さに負けてるの???

それじゃぁコレを買ったら喜んでくれるかしら、アレを買ったら褒めて貰えるかしらと、ビンテージやら限定販売やらを探してドヤドヤとしているうちに、気がつけばすっかり助手になり下がっておりました(涙


今ではレア品を示しながらの『コレ買っといて』の一言に抗うこともできずに、ご主人ちゃまの笑顔見たさに日々ネットの海を彷徨う助手でございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿